東京で二重整形をした結果

埋没法と切開法のどちらかを選ぶ

ぱっちりとした大きな目元に憧れを持っていた埋没法と切開法のどちらかを選ぶ二、三日後には本当に普段どおりの生活

定番の埋没法と切開法のどちらかを選ぶ人がやはり多いということや、リスクが低く料金も安いのは埋没法だと言われました。
糸が取れ手元に戻る可能性に関しても説明がありましたが、すぐに取れてしまった時には無料でもう一度施術してもらえるという点にも惹かれました。
埋没法ならまぶたを切らずに二重まぶたを手に入れることができるし、医療用の細い糸をでまぶたの内側を数カ所縫い留めて二重のラインを作るという本当にシンプルで簡単な方法ということが、不安を持っている自分には適しているんじゃないかなと思えたので良かったです。
切開法とは違い万が一仕上がりがイメージ通りにならなかった時には、糸を取り元に戻せたりやり直しもできるというのも良いんじゃないかなと思い、契約することに決めました。
改めて施術を受ける日の予約をして帰宅し、当日はメイクをせずにクリニックに行きました。
医師が再び説明をしてくれて、いざ施術が始まる時にはドキドキしましたが局部麻酔でもちろん痛みも感じることはなかったし、二十分ほどというかなりスピーディーな時間で終了しました。
施術が終わり少しクリニックでゆっくりしたら、後は普通に帰宅することができました。
痛み止めも処方されて、晴れや赤みはありましたが痛さはなかったので良かったです。